WordPressで登録済みのショートコードをsingle.phpなどテンプレートファイルからコードを記述して呼び出す方法

WordPressで登録済みのショートコードを呼び出す場合、投稿画面のエディタ上では [ショートコード]とすればよいだけですが、本文(the_content())に関係なく、好きな場所でショートコードを呼び出したい。

そんな時のためにdo_shortcode()という関数があります。

echo do_shortcode('[ショートコード名]');

とするだけで、好きな場所でショートコードを呼び出すことができます。

自分でオリジナルのショートコードを作成するところから知りたい方は、是非以下の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
WordPressの投稿内で任意のPHPコードを実行できる「ショートコード」を自分で作成する方法と呼び出し方...
WordPressの投稿内で任意のPHPコードを実行できる「ショートコード」を自分で作成する方法と呼び出し方...WordPressでは「ショートコード」というものを利用して、記事内で任意のPHPコードを呼び出すことができます。ショートコードを呼び出して使えるプラグインも多いので、...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる