WordPressで登録済みのショートコードを呼び出す場合、投稿画面のエディタ上では [ショートコード]とすればよいだけですが、本文(the_content())に関係なく、好きな場所でショートコードを呼び出したい。

そんな時のためにdo_shortcode()という関数があります。

echo do_shortcode('[ショートコード名]');

とするだけで、好きな場所でショートコードを呼び出すことができます。

自分でオリジナルのショートコードを作成するところから知りたい方は、是非以下の記事を参考にしてみてください。

WordPressの投稿内で任意のPHPコードを実行できる「ショートコード」を自分で作成する方法と呼び出し方。引数の受け渡しも簡単!WordPressの投稿内で任意のPHPコードを実行できる「ショートコード」を自分で作成する方法と呼び出し方。引数の受け渡しも簡単!
目次
- Thank you for reading. -

コメント

コメントする