メニュー

WEBMEMOする。とあるクリエイターの個人的な備忘録。

自分でショートコードを作成し、投稿内の好きな場所でPHPを使用する方法をメモしていきます。

目次

    手順1:使用したいショートコードを作成する

    ショーコードで呼び出したい関数を、function.phpに定義し、add_shortcode()を使用してショートコードとして登録します。

    function shortcode_test(){
      return "ショートコードだよ";
    }
    add_shortcode('test', 'shortcode_test');

    add_shortcodeは第一引数に呼び出す時の名前、第二引数に呼び出したい関数を指定しています。上の例では、「test」という名前で「shortcode_test」という関数を呼び出せるように登録しました。

    ショートコードを呼び出す

    投稿エディタ内の任意の場所でショートコードを呼び出します。記述方法は以下。

    [ショートコード名]

    先ほど登録しておいた「test」という名前のショートコードを呼び出してみます。

    [test]

        ↓

    ショートコードだよ

    簡単ですね!

    注意点

    先ほどの例では、文字列を呼び出すのにreturnを使っていました。

    普通echoじゃないの?と思った方もいるかもしれませんが、echoを使用すると表示してほしい場所に文字列が表示されない場合があります。

    投稿内容を呼び出す時の関数処理の順番が関係してるのだと思います。カスタムフィールドのテキストエディタ内に書いたショートコードなどは確実におかしな場所で呼び出されるので、注意が必要です。

    文字列だけでなく、htmlを出力したい場合も同様にreturnを使用してください。

    - Thank you for reading this to the end. -

    コメントする

    CAPTCHA


    TOPへ Top