メニュー

WEBMEMOする。とあるクリエイターの個人的な備忘録。

WordPressでは管理画面からユーザーを追加できますが、会員サイトなどの場合はフォームから直接ユーザー登録させることがあるかと思います。

今回は、そんな時に便利な関数、wp_create_user() についてメモしていきます。

目次

    引数(パラメータ)の確認

    ユーザーを登録させるwp_create_user()は以下のような形で使用します。

    wp_create_user( $username, $password, $email ); 

    引数は3つあります。それぞれの説明は次の通りです。

    引数 説明
    $username 作成するユーザーのユーザー名(必須) 初期値: なし
    $password 作成するユーザーのパスワード(必須) 初期値: なし
    $email 作成するユーザーのメールアドレス (任意) 初期値: 空文字列

     

    返り値

    wp_create_user() はユーザー登録の結果によって、返り値が変わります。

    成功時 : 作成されたユーザーの ID

    失敗時 :WP_Error オブジェクト ( 原因によって内容が変わります )

    失敗時は以下の値とメッセージのいずれかを持ちます。

    • empty_user_login : ログイン名が入力されていないため、ユーザーを作成できませんでした。
    • existing_user_login : このユーザー名はすでに登録されています。
    • existing_user_email : このメールアドレスはすでに登録されています。
    - Thank you for reading this to the end. -

    コメントする

    CAPTCHA


    TOPへ Top