WordPressでは管理画面から簡単にユーザーの管理ができますが、会員サイトなどを運営する場合は、ユーザーに入力してもらったフォームの情報を元に、ユーザー登録の処理を自分で書く必要がありかと思います。

その場合、WordPressではwp_create_user()という関数が用意されていますので、この関数を使用しましょう。

先日、私もこの関数を使う機会があったのですが、普段はなかなか使わないので、忘れないようにメモしておきます。

目次

wp_create_userで使用できる引数(パラメータ)の確認

wp_create_user()は以下のような形式で使用できます。

wp_create_user($username, $password, $email); 

引数が3つあります。

引数 説明 初期値
$username 作成するユーザーのユーザー名(必須) なし
$password 作成するユーザーのパスワード(必須) なし
$email 作成するユーザーのメールアドレス (任意) 空の文字列

 

wp_create_userの返り値について

wp_create_user()の返り値は、 ユーザー登録の結果によって変わります。

結果 返り値
登録成功 作成されたユーザーのIDを返します
登録失敗

WP_Error オブジェクトを返します。
失敗の原因によって、以下のいずれかのエラーメッセージが取得できます。

  • empty_user_login : ログイン名が入力されていない。
  • existing_user_login : ユーザー名がすでに登録済み。
  • existing_user_email : メールアドレスがすでに登録済み。
- Thank you for reading. -

あなたの1クリックが励みになります\( ̄ー ̄)/

コメント

コメントする

CAPTCHA


TOPへ Top