メニュー

WEBMEMOする。とあるクリエイターの個人的な備忘録。

普段、Macでインターネットエクスプローラー(以下IE)を使うことはまずないですが、仕事の関係でごく稀に、IEじゃなきゃだめという場合があったりします。VPNの接続時や管理画面に入れるのがIEだけだったりするのです。

しかし、Macではインターネットエクスプローラーは使えません。もちろん、Bootcampをするか仮想環境を構築するとIEが使えるようになりますが、今回、もっと手軽な方法があることを知ったので、メモしていきます。

結論からいうと、Safariのユーザーエージェントを使用するだけです。

どこまでIEと同じになるのかはわかりませんが、これで事足りるのであればとても楽な方法なので、覚えておいて損はないでしょう。

目次

    Safariのユーザーエージェントを変更できるようにする

    safariを開いた状態で、mac上部のメニューバーから「Safari」→「環境設定」と進みます。

    右端の詳細タブを開くと、下のような画面になります。

    ここで、「メニューバーに”開発”メニューを表示」にチェックを入れると、mac上部のメニューバーに「開発」が追加されるはずです。

    私の場合は「ブックマーク」と「ウインドウ」の間に出てきました。

    新たに追加された「開発」をクリックするとメニューの上から二つ目に「ユーザーエージェント」があるので、そこからユーザーエージェントを変更できます。

     

    Internet Explorerの中から任意のバージョンを選択

    ユーザーエージェントが変更できるようになったので、あとはIEを選択するだけ。ご覧の通り、IEだけでなくChromeやFirefoxも対応しているみたいです。

    Safariは普段ほとんど使わないのですが、以外と便利かもしれないですね。

    - Thank you for reading this to the end. -

    コメントする

    CAPTCHA


    TOPへ Top