Macでインターネットエクスプローラー(以下IE)を使わないといけない!というごく稀なケースに遭遇したときに覚えておきたいTipsです。(VPNの接続時や管理画面に入れるのがIEだけだったりする場合。)

もちろん、MacのOSではインターネットエクスプローラーは使えませんよね。

Bootcampや仮想環境でWindowsOSを構築するとIEが使えるようになりますが、OSの切り替えなんてせずとも、Safariのユーザーエージェント機能を使用すると、実質IEが使えるようになります。

どこまでIEと同じになるのかはわかりませんので、そのケースに合わせて確認して見てください。これで事足りるのであればとても楽!

目次

Safariのユーザーエージェントを変更できるようにする

safariを開いた状態で、mac上部のメニューバーから「Safari」→「環境設定」と進みます。

右端の詳細タブを開くと、下のような画面になります。

設定画面

ここで、「メニューバーに"開発"メニューを表示」にチェックを入れると、mac上部のメニューバーに「開発」が追加されるはずです。

私の場合は「ブックマーク」と「ウインドウ」の間に出てきました。

新たに追加された「開発」をクリックするとメニューの上から二つ目に「ユーザーエージェント」があるので、そこからユーザーエージェントを変更できるようになります。

ユーザーエージェントが選択できるように。

 

Internet Explorerの中から任意のバージョンを選択

ユーザーエージェントが変更できるようになったので、あとはリストの中からIEを選択するだけ。

ユーザーエージェントの選択

覧の通り、IEだけでなくChromeやFirefoxも対応しているみたいです。

Safariは普段ほとんど使わないのですが、以外と便利かもしれないですね。

- Thank you for reading. -

コメント

コメントする