photoshopなどのサイズで画像を書き出す時にはメタ情報やカラープロファイルといった、表示には不要な情報が付属されて保存されています。

Webにアップロードする際、これらの情報はただのゴミでしかないので、これらを削除することで画質を落とさずに画像のファイルサイズを圧縮することができます。

SEO的にも画像圧縮は必須作業ですよね。

その圧縮作業がブラウザ上やアプリで簡単に、そして無料でできてしまうので、今回はそれらを紹介します。

目次

JPEG画像の圧縮はJPEGmini

JPEGminiといえばアプリのイメージが強いかもしれませんが、ブラウザ上でもサービスを利用できます。

image

JPEGmini:ブラウザサービス

アプリの場合、無料版だと20枚の制限がありますが、ブラウザ上のものはどうなんでしょうか。このリンクを発見してから、まだ20枚以上圧縮したことがないのでその辺は検証できていません。笑

JPEGminiで1日の制限枚数を超えてしまった場合はImageOptimというアプリを使用しましょう。(Macのみ)

しかし、ImageOptimの圧縮率はJPEGminiより格段に劣りますので、圧縮すべきjpeg画像がたくさんある場合はこつこつJPEGminiを使用するのがいいと思います。

PNG画像はTinyPNG

PNG圧縮の神サービス。TinyPNG

image

ちなみに、先ほど紹介したImageOptimでもpng圧縮が可能です。

SVG画像はSVGOMG

SVGOMGがいい感じです。

image

 

最初は少し使い方に戸惑うかもしれませんが、以下のサイトなどを参考にしてみてください。

ブラウザでSVGのサイズを下げる「SVGOMG」が手軽で便利

まとめ

以上のサービスを、私はいつも利用させてもらっています。

とても便利なのでぜひ使ってみてください。

- Thank you for reading. -

コメント

コメントする