超シンプルかつ、管理画面が全て日本語表記のプラグイン、「SEO SIMPLE PACK」を作成・公開いたしました。今回はその使い方を紹介したいと思います。

WordPressでSEO用のmetaタグなどを適切に設定するために「All in one seo pack」のようなプラグインを使っているけれど、設定項目が多すぎたりバグがあって使いにくいし、Yoast SEOとか良さそうだけど英語が多くてちょっと... という人にオススメのプラグインです。

 

目次

インストール方法

通常のプラグインと なんら変わりません。

プラグインの新規追加画面で「SEO SIMPLE PACK」と検索するとプラグインを見つけることができますので、「インストール」した後、有効化してください。

プラグイン検索画面

 

 

初期設定について

「SEO SIMPLE PACK」を有効化した時の初期状態ではどのような設定になっているかを説明します。

また、以下の説明にて「薄い斜め文字」で表示されている内容は、後述する「スニペットタグ」として登録されているものです。

titleタグ

ホーム
サイトのタイトル | キャッチフレーズ
投稿・固定ページ・カスタム投稿・メディア
そのページのタイトル | サイトのタイトル
カテゴリ・タグ・タクソノミー・投稿フォーマットのアーカイブページ
カテゴリ名 | サイトのタイトル
タグ名 | サイトのタイトル
ターム名 | サイトのタイトル
投稿フォーマット名 | サイトのタイトル
著者アーカイブ
投稿者名(ニックネーム)| サイトのタイトル
日付アーカイブ
日付(Y年M月D日) | サイトのタイトル
カスタム投稿タイプのアーカイブ
投稿タイプ名 | サイトのタイトル
検索結果ページ
検索:検索ワード| サイトのタイトル
404ページ
ページが見つかりません。 | サイトのタイトル

descriptionタグ

ホーム
設定なし( *何も設定されていない場合、「キャッチフレーズ」が出力されます )
投稿・固定ページ・カスタム投稿・メディア
そのページのコンテンツ内容から自動で出力(不要なタグを除去し、300字以内の部分)
カテゴリ・タグ・タクソノミー・投稿フォーマットのアーカイブページ
"カテゴリー「カテゴリ名」の一覧ページです。"
"タグ「タグ名」の一覧ページです。"
"タクソノミー名ターム名」の一覧ページです。"
"投稿フォーマット「投稿フォーマット名」の一覧ページです。"
著者アーカイブ
"投稿者名(ニックネーム)の執筆記事一覧ページです。"
日付アーカイブ
"日付(Y年M月D日)の記事一覧ページです。"
カスタム投稿タイプのアーカイブ
"「投稿タイプ名」の記事一覧ページです"
検索結果ページ
なし
404ページ
なし

meta keywordタグ

SEO的に今では特に意味がないとされている キーワードタグ ですが、一応 設定することが可能です。

しかし、初期設定ではキーワードタグは何も出力しません。

meta robotsタグ

管理画面にて「〇〇をインデックスさせない」を選択すると、そのページをnoindexとすることができます。

初期状態で noindex としているものは以下のページです。

  • 各アーカイブ系ページ
  • メディアページ
  • 検索結果ページ
  • 404ページ

*実際に出力されるメタタグは"noindex,follow"です。
現状では nofollowや noarchive といった細かな設定を行うことはできません。(今後のアップデートで選択可能にする予定です。)
また、なぜ nofollow ではなくfollow なのかは、その方が良い場合がほとんどだからです。詳しくはググってください。

canonical URL

ページに合わせて自動で出力しています。(設定はできません)

OGPタグ

OGP画像
投稿・固定ページ・カスタム投稿では「アイキャッチ画像」があればその画像を使用します。
アイキャッチ画像がない場合やその他のページでは、管理メニュー内の「OGP設定」ページにて設定することのできる「基本設定」の画像が出力されます。
*初期状態では基本設定のOGP画像は指定されていないので、何も出力されません。
locale
WordPressの設定が日本語なら "ja_JP" 、それ以外の場合はwp_locale()の内容が入ります。
type
投稿・固定ページ・カスタム投稿では "article"、それ以外のページでは"website"
title
基本的にはtitleタグと同じ内容が入りますが、投稿・固定ページ・カスタム投稿では、その投稿ページのタイトルとなります。( 「 | サイトのタイトル」 の部分は含まれません。)
description
descriptionタグと同じ内容
url
home_url()の中身
site_name
"サイトのタイトル"
Facebook設定
article:publisherfb:app_idfb:adminsタグに関する設定が可能ですが、初期状態では何も出力されません。
Twitter設定
twitter:sitetwitter:cardタグに関する設定が可能です。
初期状態ではカードタイプは "summary" です。

不使用状態のページ

滅多にしようする必要のないページや、セキュリティ面で使用すべきでないページに関しては、リダイレクト処理によってアクセスを禁止することが可能です。

以下の3ページは、初期状態ですでに使用不可としています。

  • 著者アーカイブ(ホームへリダイレクト)
  • 投稿フォーマットアーカイブ(ホームへリダイレクト)
  • メディアページ(その画像URLへリダイレクト)

各種設定方法

「SEO SIMPLE PACK」を有効化すると、管理画面の左メニューに「SIMPLE SEO」という項目が追加されます。

「一般設定」・「OGP設定」・「HELP」という3メニューがありますが、設定を行うのは「一般設定」と「OGP設定」の2ページのみです。

一般設定

「一般設定」メニューには、設定種別ごとにタブが用意されています。

「基本設定」タブ

「基本設定」タブでできることは、

  • WordPressの「設定」->「一般」で設定している「サイト名」と「キャッチフレーズ」の確認
  • サイトの「ホーム」で出力されるtitledescriptionkeywordタグの設定
  • 「区切り文字」の選択
  • 「404ページ」・「検索結果ページ」のtitleタグの設定

の4点です。

「基本設定」設定画面スクリーンショット

基本設定タブ

「投稿ページ」タブ

「投稿ページ」タブでは、

  • 投稿
  • 固定ページ
  • カスタム投稿
  • メディアページ

に関する設定ができます。

「投稿ページ」設定画面スクリーンショット

投稿ページタブ

「タクソノミーアーカイブ」タブ

「タクソノミーアーカイブ」タブでは、

  • カテゴリーアーカイブ
  • タグアーカイブ
  • カスタムタクソノミーアーカイブ
  • 投稿フォーマットアーカイブ

に関する設定ができます。

「タクソノミーアーカイブ」設定画面スクリーンショット

タクソノミーアーカイブ

「その他アーカイブ」タブ

「その他アーカイブ」タブでは、

  • 著者アーカイブ
  • 日付アーカイブ
  • カスタム投稿アーカイブ

に関する設定ができます。

「その他アーカイブ」設定画面スクリーンショット

その他アーカイブ

アナリティクスとウェブマスターツール

「一般設定」画面では、「Googleアナリティクス」のコードと各種「ウェブマスターツール」に関する設定もできます。

Googleアナリティクス

GoogleアナリティクスのトラッキングIDを入力するだけで、トラッキングコードを自動挿入することができます。

また、最新のgtag.jsを用いたトラッキングコードを使用するか、または以前のanalytics.jsを用いたトラッキングコードを使用するかを選ぶこともできます。

「Googleアナリティクスコード」設定画面スクリーンショット

Googleアナリティクスコード

ウェブマスターツール

ウェブマスターツールの各IDを入力すると、ホームに認証コードを挿入します。

現在対応しているウェブマスターツールは以下の4つです。

  • Googleサーチコンソール
  • Bing
  • Baidu
  • Yandex

「ウェブマスターツール」設定画面スクリーンショット

ウェブマスターツール

OGP設定

OGP設定」メニューにて、OGPに関する各種設定を行うことができます。

基本設定」タブでは、基本的なOGPタグの設定を行います。(現状ではまだOGP画像に関する設定だけしかありませんが、今後追加していく予定です。)

そのほか、FacebookTwitterの専用タグに関する設定も可能です。

OGP画像

ホームで使用したいのOGP画像を選択してください。

画像の指定がない場合の画面

画像指定なし

画像が無事に選択できている場合の画面

画像選択済み

投稿ごとに個別設定できる項目

投稿・固定ページ・カスタム投稿では、編集ページにてメタボックス(カスタムフィールド)が表示されており、記事に個別の設定ができます。

投稿メタボックス

現在個別設定できる項目は

  • noindex設定(一般設定に対して反転するかどうか)
  • descriptionタグの設定
  • keywordの設定

となっています。(何も入力がなければ、管理画面内での設定が適用されます。)

また、OGP画像に関しては記事の「アイキャッチ画像」が設定されている場合、そちらが優先されます。

スニペットタグについて

「SEO SIMPLE PACK」では、「サイトのタイトル」や「区切り文字」など、動的に内容が変更するものを「スニペットタグ」として扱うことができます。

現在使用できるスニペットタグの一覧は以下の通りです。

スニペットタグ 展開される内容
%_site_title_% サイトのタイトル
%_phrase_% サイトのキャッチフレーズ
%_description_% ホームのディスクリプション
%_page_title_% 投稿のタイトル( get_the_title() で取得できる内容が入ります )
%_cat_name_% カテゴリー名
%_tag_name_% タグ名
%_term_name_% ターム名
%_tax_name_% タクソノミー名
%_post_type_% 投稿タイプ名
%_page_contents_% ページコンテンツ ( get_the_content() で取得できる内容を元にした内容が入ります )
%_date_% 日付アーカイブで検索中の日付
%_author_name_% 著者名( ニックネーム )
%_search_phrase_% 検索ワード
%_format_name_% 投稿フォーマット名
%_sep_% 区切り文字

 

設定画面内において、テキスト入力エリアにはこのスニペットタグを使用して設定を行ってください。

スニペットタグの使用例

現在保存されている設定でのスニペットタグがどのように展開されるかは、「プレビュー」欄で確認できます。

おわりに

今回初めて自作プラグインを公開してみました。

自分に必要な最低限の機能だけを実装しているのでまだまだ使いにくい点もあるかと思います。

これから設定の自由度などは向上させていく予定ですが、何か要望などあればこの記事のコメント欄などでお伝えいただければと思います。

- Thank you for reading. -

コメント

コメントする